MojiBlog 遊戯会館
ゲームを中心としたブログになっております
求められるお笑いのジャンルの変化
よく「最近M-1は優勝の価値が下がったよねー」なんて言われます。
実際そういう人が多くなったのは雰囲気として分かりますし、
番組に出てこられてないという事実もあります。

ただ、どういった理由か考えもせず、
「俺お笑い知ってるよ、最近ダメだねー」って
優越感に浸ってそうコメントする人にはひどく嫌悪しますw


以下の意見は私の持論なので、
100%正解でもなければ100%間違いでもない、
そういう目線で読んでください。



M-1優勝芸人、というかM-1芸人が活躍できないのは、
土壌が変わったからだと言えそうです。


以前はネタのできる環境があって、しっかりネタを公表できて、
かつそこで評価される芸人には喋るひな壇環境が提供されていました。
当然喋くりとして力があるので、十分期待に応えられる力はありました。


しかし、エンタ→レッドカーペットの流れで、
しっかりしたネタより回転力が必要となる環境になりました。
毎週1分で、2、3の笑いを届け続ける土壌が現環境です。


そもそも漫才、コントのしっかりしたネタを
毎週毎週お送りいたします、なんてかなり大変な話。
ドランクドラゴンがラジオでそんな話してたこともありますね。
それがエンタ。

そこで新たに登場したのがレッドカーペット。
まわせるよう、そして新鮮味を持たせるよう
複数芸人が目まぐるしく、単発で分かりやすいネタをします。

そこで人気が出た芸人が、ひな壇を占領するようになり、
1分ネタに対応できないM-1型芸人は表に出られません。
また優勝しても前に立つ機会が少ないため、
以前ほど場に慣れることができません。
結果、「優勝しても出てこない」と称されるわけです。




少々失礼な発言ではありますが、
1分ネタ芸人はネタ以外の喋りに卓越してるとは思えず、
誰が座ってても似た状況。

実際M-1芸人として表に立つ機会を与えられた、
フットやチュート、アンタッチャブル、ブラマヨと、
単発ネタを中心に表に立っていた芸人、
どちらが安定して間を持たせられるかは一目瞭然だと思います。
(1分ネタ芸人のネタがつまらないという意味ではありません。)

故にバラエティ自体が最近面白くない、という感覚に行き着き、
人気低下→予算削減→人気低下となったり、
複数コーナーを設けず、人気コーナーを押し通したりすることになります。

人気コーナーを押し通すという手法も、ある種、
人気ネタを押し通す今のお笑いに通じてるのかもしれません。




話が逸れましたが、
視聴者も、分かりやすく、スローテンポな現環境に馴染んでいます。

したがって、5分の高速ネタなんて見ることがないわけで、
変わらず続くM-1の環境とゴールデンの環境が異なってる以上、
「あれ、そこまで面白くない」と感じるのは当たり前です。

そして、1分ネタを5分やると、
M-1の特徴の高速積み上げ式なネタではなく、
笑うポイントを並べるネタになってしまいます。
審査員は前者が好きなわけで、前者が評価されます。
しかし視聴者は後者に移ってきているわけで、
「なんで点数低いの?」となります。


こういったことから、M-1に求められているものがなくなりつつある。
M-1の価値が下がっている。

そういう話なのではないか、と私は考えています。
かかりつけの病院
土曜くらいから体調崩してます。
日曜には38度6分まで出たのですが、
寝てたら翌月曜には何とかおさまりました。

ただそのくらいからセキが出るようになりまして、
昨日は一日中セキして苦しくてフラフラ。


今朝、病院に行って薬もらってきました。


この病院、院長先生がおじいちゃん先生で
息子先生がいい年の先生なんですが、
私は前者より後者のほうが信頼してたりしますw


といいますのも、例えば高熱を出した際、
初診がおじいちゃん先生の場合、風邪薬と解熱を出してくれます。
ただ解熱は6時間くらいがせいぜいで、
民主党の支持率並に急上昇します。

結果、再び病院に行くことになり、そこで初めて抗生物質を頂きます。


これが初診が息子先生の場合は
すぐに抗生物質を頂けるので、前者に比べ3-4日治るのが早いです。


それに息子先生の場合は
「あれ?久しぶりだね。」などと言ってくれることもあり、
こちらがいいかなー、なんて考えてますw



今日は息子先生でしたが、診察終わって血液検査してるときに
ちょうど院長先生が出勤なさってました。
早速自分の血圧はかってましたけど、大丈夫かいなw
ktkr
  Ads by Google

  2012年に加速する引き寄せ - www.commercejungle.com

  アメリカで一部の人だけが知っている引き寄せの本当の秘密を
  限定公開
  看護師ママ必見転職サイト - www.nursejinzaibank.com
  看護師の年間離職者数15万人。ナース人材バンク利用者8万人
  以上
  簡単にできるニキビ改善法 - www.hositu.com
  洗顔だけのニキビ対策は大間違い!洗顔より大事なポイント
  とは?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。











と出るまであと数時間のところで更新。
注:りんくはありまへん。



就職活動オワタ\(^0^)/(いい意味で


やっとこさバトレボ解禁しようか。
2ヶ月ほど封印してて、生放送もまともに見てないから
現環境とか全く分かりません。


とりあえず、こないだ聞いた「机上論ハッサム」とは何か
誰か教えてくれまいか。
安らかに
最近娯楽から離れてる気がする。
職手に入れたら思いっきりバトレボしてやるうううううう。



さて、先日はうちの猫を
共同墓地に埋葬してきました。

早いもので、もうすぐ1年、6月で1年になります。

ピッチ

うちの猫が生後1年、猫伝染性腹膜炎にかかった日からも
もうすぐ1年が経とうとしています。

昨年の記事

どういう病気かは記事を参照。あるいはググッてください。
猫を飼っている人、特に元野良猫や、多頭飼してる家は気をつけてください。

あの頃は何にも手がつけられませんでしたね。ホント。
不治の病なんて、漫画の世界と思ってましたから。
・・・いや、漫画読まないかw



骨壷から骨を出し、みんなと一緒のところに解放しました。
共同埋葬だったのですが、母と「出来る限り上にしてあげよう」と
順番かなり後に並んで埋めました。


さすがに悲しむ、という感情は時間とともに薄れていきました。
ただ、初めて来た日、宣告されてから、そして最後の日。
未だにふと思い出すことがあります。



ペットロスというのは存在します。
家族みんな、特に母の沈みようは深く長かった。

そんな状態を助けてくれたのも、やはりペットでした。

現状

今我が家には猫が1匹います。
迷い込んできた、食い意地のはった猫が。


もちろん生まれ変わりなんて信じるわけではありません。
毛も色も違えば性別も違います。性格も正反対。

でも、一切逃げようとしない迷い猫がやって来たことは
この家で数十年、一度もなかったこと。
そして病院の推定ですが、ほとんど同じ歳。
あと、これは好みかもしれませんが、
自分のではなく亡くなった猫のお供えの水の器から水を飲むのが
その猫の常になってたりしますw

そんな彼女に、一家はまた救われることになりました。
毎日「めしー、めしー」と鳴きすり寄る彼女に。


あの病気、現在は治ることは本来ありません。
ただ、治らない病気はないと信じています。

インターフェロン、サーズ、キーワードは色々出ていますが、
早く治療法、ワクチンができ、
不幸な猫がいなくなることを祈るのみですね。
訃報
本日、木村拓也コーチが亡くなられました。
37歳。あまりにも早すぎたと思います。


決して1発ホームランで劇的、という選手ではありません。
超絶に足が速い選手でもありません。
巨人の生え抜き選手でもなければ、阪神の選手でもなく、
4番をはるようなスター選手ではありません。

それでもこの大きな反響、
一コーチの訃報に対する各所からの悲しみの言葉。
巨人、広島、日ハム、そして球団の垣根を越えた『野球ファン』からの言葉。


これがキムタクの全てだと思います。



投手以外全て経験したという、
随一のユーティリティプレイヤーであり、スイッチヒッター。
昨年、選手としての最後の年には
ベンチに捕手がいなくなり、
公式戦では10年ぶりに急造キャッチャーをやってのける凄さ。
アテネ五輪では、コーチ等人数の制限から捕手が少ない中、
ブルペンキャッチャーも勤めました。

複数ポジションを「安定して」守れるというだけでも凄いことなのですが、
球種、コースのサインを出して投手に投げさせる捕手というのは
やれと言われてすぐ出来るようなポジションではありません。


渋い選手はよく「いぶし銀」と呼ばれます。
バントがうまい選手。守備に一切のそつがない選手。

私個人の意見ではありますが、
キムタクはいぶし銀という枠に括れない選手だったように思います。
左右で打ち、足が速く、あらゆる所を守れ、
ベンチでは「キムタクがいれば」という安心感。
いぶし銀とはまた違う、「安心させる選手」こそキムタクではないでしょうか。

ひとつの事に光り輝く選手ではありませんでしたが、
これほどチームに貢献できる選手というのもなかなかいないと思います。




木村拓哉(SMAP)と対談が行われ、
そこで「ホームラン打ってくださいよ」と
キムタク(S)に言われた日の試合で
見事ホームランを打ち込んだというシーンは
とても印象に残っています。


若造の私が言うのもなんですが、
子どもみたいなあの笑顔がもう中継などで見られない、という事が
とても寂しく思います。




年齢的な「残念」というものもありますが・・・

よくベテラン選手、監督が「グラウンドで・・・」と言葉にします。
実際ファンとしては
どこであろうと悲しみが占めてしまうのには変わりませんね。



ご冥福をお祈りします。