MojiBlog 遊戯会館
ゲームを中心としたブログになっております
【初代ぷよ】対戦考察【究極ぴよっ】
自分のぷよが見られる機会(vsBさん)があったので
簡単な一口考察と
気になるところはぷよ譜をば。
あくまで、「今の組み方での成功例は何か」と言う点


[1戦目]
いきなり失敗してますがw
同じ組み方であれば、こうでしょうかね

[2戦目]
発火可能が13手-15手ですが、発火色が同じだったのと
4Dで抜かれました。デビる恐れもありましたね。

[3戦目]
初手4色。紫どこ行くのー?w
綺麗に階段を組まれてます。10手目以降で緑がログアウトするので
14手に間に合うにはこんな感じが妥当でしょうか

[4戦目]
思考が追いつかない積み方&ミスで不利。

[5戦目]
ちはやぶりやすいツモでした。
9手目が悪手でしたね、こっちならよかった。間に合ったか分かりませんがw

[6戦目]
ここまで5連敗w
操作ミスも、ツモに助けられました。

[7戦目]
紫、紫、紫ぃぃ、絨毯、絨毯、絨毯んんんん!
組んでる脳内はそんな感じでしたw

[8戦目]
4色。焦って同色発火を埋めておりますw
掘り合いでなんとか。26手以降が遅かったですね。
6手目の赤を無駄にしなければ、14手発火。

[9戦目]
3-1色。これがくると結構アドリブ。
7手目は操作に慣れてないシーン。
13手4連鎖でしたが、6手目そう置いたのに見えてないw

[10戦目]
初手は頭真っ白で下がどっちか分からなくなっているシーン。
紫変に置いたり、出来上がってるのに6連鎖にしたり、頭真っ白。

[11戦目]
12手で発火可能になって引くまで早かったですね。

[12戦目]
発火色と連鎖尾が同じ色になってしまったので、
後ろから組むべきでしたね。ひどいフィーリング。

[13戦目]
11手目は3列目がよかった。13手不完全4D14手4Dですね。

[14戦目]
14手で発火可能。21手目でやっと発火。
これは危ないw

[15戦目]
アドリブ。これはツモ運で勝った感がありますねw

[16戦目]
14手-15手で発火可能、15手-16手で発火という互いの引き。
緑を無駄にしていますが、ツモ運と4Dで追い抜きました。




10先を振り返りました。
4ダブがかみ合ったところは結構スムースでしたが、
効率は悪いですねぇ。特性で勝ってる感も・・・


もっとがんばろう(´・ω・`)
【究極連鎖法】おのれのこの1年【ちはやぶる】
さて、千早式の究極連鎖法を始めて1年ちょいになりますが、
組み方がある程度落ち着いてきたので記しておきます。


去年の夏ごろに

(利用ページ:ぷよぷよ連鎖シミュレータ[http://www.inosendo.com/puyo/rensim/])
1列ずらしを始めました。

・左右移動減らし
・同時消しを視野

最初はデスタワーの速度に負けないよう、
移動を減らす目的で1列ズラしてました。

ただ、それでも速度負けするので、
次に千早式ダブル(ちはやぶる)を始めました。

この名前は広まりませんでしたがw



[A.ノックバック]


最初はこんな組み方をしていました。
黄色の部分を右側に引っ張り込んで、
左方向に進行した連鎖が
最後に逆方向に戻る4ダブを構成しました。

ただこれでは右が狭く、
1列ズラした意味がありません。

また実際に組むと、
千早式から考え方を変える必要があり(赤は最終連鎖)
制約もキツく、柔軟性がありませんでした。



[B.小鳥式絨毯]

右にズラしたメリットとして
1列目が使えるという点が大きいです。
 
そこで、ぷよm@sの小鳥さんが「千早vs小鳥」初戦で見せた
離しておいて絨毯でつなげる組み方を取り入れました。

これの強みとしては、緑2連鎖目、赤3連鎖目の時に

 → 
 → 
の同時消し

これだけ選択肢がとれる点です。
4ダブを狙っておきつつ、紫が先に多く来るなら
紫を2列目に置いてその上に黄色を置く方法がとれます。

ノックバックと違って、融通の利く戦法でしたw
今でも使うことがあります。

ただ「Pの教えた千早式究極連鎖法」を考えた時に
緑or黄色、連鎖の順番を変えられるという強みが
失われたのではという懸念が生まれ
主戦法からは外しました。


しかし、ぷよm@sであずささんが「初手4色」の考察の際
はなして置けばどんな色でもつなげられる」と話したように、
黄色、緑、紫を離したこの置き方は実に柔軟性がある配置です。
これは後で利いてきました。



[C.階段4ダブを組み合わせる]


小鳥式を考えた後、
階段のように紫を最後にかぶせる4ダブをもう少し考えました。

階段の強みは、楽な段差計算さえ考えれば(図なら2段落ち)
余剰ぷよ(2列目の黄色)が含まれても紫がつながる点です。
ぷよm@sデスタワー講座で
「初めはごみを含んでもいいから組み上げる」話から
合点のいく戦法です。

極端な話、土台さえできれば、1,2列目がごみ置き場でも
そのゴミで連鎖ができます。


無論ゴミなしが最善手なのですが、
この考え方は結構重要で、欲しい色待ちをしている時に
ゴミを同時消しに利用できます。
置く箇所があれば、頭には入れておきたい考え方だと思います。




[D.序盤の選択肢]


「離して置くと、間に何でも置けてしまう」というのは
選択肢を増やしておきたい究極連鎖法としては嬉しい話です。
Bの連鎖方法でも、緑の選択肢がなくなったわけではありません。


これまでの組み方を頭に入れることで、
ここでの選択肢が広がります。

:2連鎖目or4連鎖目or4ダブor5連鎖
:2連鎖目or4連鎖目or4ダブor5連鎖
4連鎖目or4ダブor5連鎖

元の千早式の緑と黄色の選択肢がさらに広がりました。



デスタワーと同じように、鍵になるのはです。
段差を作り出し、選択肢も増やしてくれます。

ですので、
これまで挙げた千早式の弱点も赤だったりします。

ただ、これは究極連鎖法がもともと持つものであり、
選択肢は純粋に増やせたと思います。


1つの要がある
千早式究極連鎖法とデスタワーは
とてもよく似た連鎖法だと考えています。
ある時それに気がついて、夜だってのにアヒャ状態になりましたw



[E.おまけ]
>>続きを読む
【初代ぷよぷよ】圧倒的モーション差【やったなー】



噴出してしまいましたw


デスタワーという戦法自体が連鎖系の戦法に対して
そもそも圧倒的に優位なので、
実力差がかき消されたような感じでしたね。

去年の5月ごろにも書いたのですが、
いかに早く発火するかではなく、
いかに早く連鎖モーションを終えるかという勝負。
5連鎖は5回消えるモーションがあり、
2連鎖ならモーションは2回で終わる。

その数秒の差というのは尋常ではありません。
単純に考えれば、5連鎖を打ち終える間に
2連鎖を2回打てる、それくらい大きな差です。


初代ぷよぷよの現在の環境ではデスタワーはほぼ最低条件。
上り詰めるには、おじゃまぷよ算がまだまだでも
是非とも扱えるようになっておきたい。

そこからプレイヤーの色が出るようなカオス世界、
勝手な解釈ですが、そう思っています。
現環境で初代ぷよぷよを極めるには、
まず同時消しスキルを高めること。
これで世界が広がり、対戦が楽しくなってくるでしょう(`・ω・)b
デスタワーでなくても、4ダブだとか、3連鎖のベクトルで
活路が見出せるかもしれませんね。


究極連鎖法使いの人マジあよん・・・(◞‸◟)
【初代ぷよぷよ】もはや何を目指しているのか【ちはやぶる】
初代ぷよぷよ近況報告。

とりあえず数ヶ月のどたばたを経て、復帰しました。
戦法は相変わらず、


(利用ページ:ぷよぷよ連鎖シミュレータ[http://www.inosendo.com/puyo/rensim/])

究極連鎖法です。ぷよm@sの千早式ですね。

       

2列目の下のどちらの色でも発火できるのが大きな特徴。


ただ、同時消しの多い2連鎖などを相手が打ち終えるまでに
5連鎖ですと連鎖を5回も行わなければなりません。不利です。
5連鎖で太刀打ちしようとすると、最善手が要求されます。

そこでこの組み方から同時消し(4連鎖ダブル)を
狙おうと考えたのですが、左端なので窮屈。



そして夏前後に落ち着いたのが



千早式を1列ずらした形。

       

これだと左側も使えてダブルが狙いやすくなります。



最近は縦思考が出てきたので

              

こういった積み方も出来たらたまにしていますw
千早式を元に逆へ伸ばしてます。




       

左側が開いているのでダブルも割と簡単に見えます。



>>続きを読む
【究極連鎖】新作と今のワタシ【初代ぷよぷよ】
タイトル若干のし部屋意識して付けてますが。



サムネだけ見たら勘違いされそうですw

ぷよm@sの新作が出ました。
相変わらず鳥肌もんの展開でマジまじまじ視聴しました。
実際の対戦環境だと、
5連鎖は同時消しに大きく溝を空けられているので
5連鎖ピックアップは心が躍りますww


で、私自身は今どうなってるのかと申しますと・・・



(利用ページ:ぷよぷよ連鎖シミュレータ[http://www.inosendo.com/puyo/rensim/])

現在は究極連鎖法を引き続きやっております。

これが千早式の究極連鎖法(くま積み)です。
移動が楽なのですが、端っこでやると
別の発火点とか4ダブ移行が苦しいので個人的には少し窮屈。



最近は、くま積み部分を数列ずらしています。




まず、真ん中に置いてみました。
個人的に中千早と呼んでたりしますがw

 1.移動距離がガッツリ減らせる(初手は何も考えず下押しっぱ)
 2.逆向きにしやすい
 3.後ろがゆるく、4ダブ等の同時消しも組みやすい

とメリットがあります。
特に速度重視の究極連鎖にとっては1や2は大きいのかな?

ただ、連鎖の頭が窮屈なので、
後ろを工夫する必要はあります。



逆L字って便利ですよね。



その後、とある方から「1列ずらし」を勧められました。



これだと中千早のメリットを残しつつ、頭にゆとりを持つことができます。
1のメリットはちょっと失せるかもしれませんが、
究極連鎖法に慣れていると、
これへの移行はやりやすいかもしれません。


今はこれを主体に使ってます。


また、1列ずらしから4ダブを狙う型を勝手に
「千早式4連鎖ダブル」、略して「ちはやぶる」と呼んでたんですが、
1列ずらしを勧めてくださった方が
すごく分かりやすくスマートな形にしてくださいました。



メリットは、どれも消せる状態がむき出しなので、

 1. → ( & )のダブル
 2. →  → 
 3. →  → 
 4. →  → 

広範囲の土台になれるという点です。
ぜひお試しください。

>>続きを読む