MojiBlog 遊戯会館
ゲームを中心としたブログになっております
麻痺が全てを制す
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

久々にブログ更新。
あまりに負けが込んでいたので
対戦意欲が落ちていたのですが、
フリーから徐々に戻ってきました。


バトルビデオ

タイトルは【ローリスク】
[93-86274-64722]

相手を安定して受け止められる状況なら
多少の読み間違い、飛躍は可能でしたね。

結論から言えば、
サンダースにもナットレイ対策のソースが必要なのでは?
と思ってしまう対戦でした。


ターンごとの考察は以下

・デンチュラvsヒヒダルマ

・1ターン
とんぼでスカーフが分かったものの、襷は大きく潰れる
雷受けにダースは予想通りで、次ターンへの影響は薄い

・2ターン
ナットへチェンジ(後出しできるので雷を打った)
グライがパーティにいるのでシャドボだったんだろう

・3ターン
相手長考の末、電磁波は来ないと思ったのか交代
ここで綺麗に交代読み電磁波が決まる
このターンが今回のキーポイント

・4ターン
相手のわざ固定用守る

・5ターン
相手はフレア受けブルンゲル読みダースか?
物理受けグライ、ポイヒ発動

・6ターン
めざ氷であろうからやはりナットが安定
10万シャドボめざパにジュエルで回復は無しと断定

・7ターン
外れ
回復ソースが早く欲しい

・8ターン
そう宿木が痛くない連中が来るのは恐かったが押す

・9ターン
相手長考の末、居座り
嫌って交代来るかともう一発

・10ターン
「種上掛けしちゃったから絶対種はこない」読みの相手交代か?
まさしくそれ狙いでのもう一度種
大正解!も外す
(ダルマなので当たって守ってそこまで大きいメリットはないか)

・11ターン
読まれるかと迷ったが相手の最後を見てないので回復用守る
麻痺←交代すればよかったとショック(゚д゚)
(フレアで押せる選出だったので恐らくフレア)

・12ターン
交代に麻痺
ちなみにほぼ防御振りなので特化スカーフフレアは2耐え
珠なら無理

・13ターン
相手は2匹に通る地震を読んで安全に水ロトム
想定していたので身代り
スカーフロトムじゃないのでポイヒに持ち込む算段

・14ターン
ポイヒ(みがまも以前に育ててHPも不憫なグライオンさん)

・15ターン
ギロチン試行1回目
早くハイドロ削りたいところ

・16ターン
ポイヒ
ハイドロ3度目

・17ターン
守るは確実に読まれる
その上で身代り無しでダースを呼びたくはないので再度身代わり
壁はデンチュラ向け?

・18ターン
ポイヒ
ここは読まれたが回復できるので問題なし

・19ターン
試行2度目
ハイドロ4度目で外す(命中4/5なのでちょいラッキー)

・20ターン
試行3度目、命中!(命中率どおり)

・21ターン
身代り残しての対面に成功

・22ターン
ダルマの耐久を想定してなかったので変に慎重
ポイヒで麻痺を狙っていたが初手で麻痺

・23ターン
決着!



やはり3ターン目の、サンダースへの電磁波が大きかったです。
スカーフと分かったダルマを何としても止めたいと考え、
ローリスクな間に一撃で成功したかった。
その後、狙い的中したご褒美といわんばかりに、
後半で麻痺不動が入りましたし、ホント大きかったですね。

それができたのは
やはりナットレイの受けがあったからだと思います。
デンチュラで雷を平気で撃ったのも、
相手が止めるのがダースだけで、
それをナットが後出しできると考えたから思い切って撃てました。
そこにダルマが来るだろうと思ってブルンゲルも考えたんですが、
他の相手のパーティ(忘れた)を考え、
また一応いじっぱ極振り(スカーフ)までなら頑張れるグライオンを選びました。
(珠もあるし今考えると疑問手選出だったでしょうねʅ(~◡◝)ʃ)

前半若干、私の"種運"は悪かったですが
そこもナットレイが受け止めたので大きな外しにはなりませんでした。


ダースは炎技がないので簡単にナットに止められてしまいますね。
身代り含む回復系だと厄介ですが
今はどちらが多いんでしょうね?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mozillanozilla.blog47.fc2.com/tb.php/429-2e51332b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック