MojiBlog 遊戯会館
ゲームを中心としたブログになっております
訃報
本日、木村拓也コーチが亡くなられました。
37歳。あまりにも早すぎたと思います。


決して1発ホームランで劇的、という選手ではありません。
超絶に足が速い選手でもありません。
巨人の生え抜き選手でもなければ、阪神の選手でもなく、
4番をはるようなスター選手ではありません。

それでもこの大きな反響、
一コーチの訃報に対する各所からの悲しみの言葉。
巨人、広島、日ハム、そして球団の垣根を越えた『野球ファン』からの言葉。


これがキムタクの全てだと思います。



投手以外全て経験したという、
随一のユーティリティプレイヤーであり、スイッチヒッター。
昨年、選手としての最後の年には
ベンチに捕手がいなくなり、
公式戦では10年ぶりに急造キャッチャーをやってのける凄さ。
アテネ五輪では、コーチ等人数の制限から捕手が少ない中、
ブルペンキャッチャーも勤めました。

複数ポジションを「安定して」守れるというだけでも凄いことなのですが、
球種、コースのサインを出して投手に投げさせる捕手というのは
やれと言われてすぐ出来るようなポジションではありません。


渋い選手はよく「いぶし銀」と呼ばれます。
バントがうまい選手。守備に一切のそつがない選手。

私個人の意見ではありますが、
キムタクはいぶし銀という枠に括れない選手だったように思います。
左右で打ち、足が速く、あらゆる所を守れ、
ベンチでは「キムタクがいれば」という安心感。
いぶし銀とはまた違う、「安心させる選手」こそキムタクではないでしょうか。

ひとつの事に光り輝く選手ではありませんでしたが、
これほどチームに貢献できる選手というのもなかなかいないと思います。




木村拓哉(SMAP)と対談が行われ、
そこで「ホームラン打ってくださいよ」と
キムタク(S)に言われた日の試合で
見事ホームランを打ち込んだというシーンは
とても印象に残っています。


若造の私が言うのもなんですが、
子どもみたいなあの笑顔がもう中継などで見られない、という事が
とても寂しく思います。




年齢的な「残念」というものもありますが・・・

よくベテラン選手、監督が「グラウンドで・・・」と言葉にします。
実際ファンとしては
どこであろうと悲しみが占めてしまうのには変わりませんね。



ご冥福をお祈りします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mozillanozilla.blog47.fc2.com/tb.php/400-59009fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック